サイバーセキュリティクラウド(4493)IPOが、明日(3月26日)東証マザーズ市場へ新規上場します。サイバーセキュリティクラウドIPOは、SBI証券が同じく主幹事を務めるアディッシュIPOとの同時上場になります。

サイバーセキュリティクラウドIPOとアディッシュIPOは、どちらも当初から非常に注目されていた銘柄なので、本来なら大いに盛り上がるはずでした。

しかし、IPOの地合いが想像を絶するほど悪くなってしまったため、期待感もやや低下しているようです。

ただ、サイバーセキュリティクラウドIPOは3月に新規上場する銘柄の中でもNo.1の評価を得ていたので、逆境をはねのけてほしいですね。

サイバーセキュリティクラウド

サイバーセキュリティクラウドIPOの過去記事

サイバーセキュリティクラウドIPOの抽選結果!公開価格は4,500円

サイバーセキュリティクラウドIPOのBBスタンスとIPO評価!超小型IPO

サイバーセキュリティクラウドIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

サイバーセキュリティクラウドIPO上場直前の初値予想

8,000円 (公開価格比:+3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:7,000円~8,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,750円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:6,750円)

※主幹事証券会社の引受価格:4,140円

サイバーセキュリティクラウドIPO上場直前の初値予想は、以前にアップしていた8,000円で据え置きたいと思います。

サイバーセキュリティクラウドIPOは、小型(吸収金額3.2億円)、マザーズ、IT関連と、初値高騰の条件が揃っているため、通常なら初日値付かず間違いなしの銘柄です。

しかし、IPOの地合いは記憶にないほど悪く、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約50万株)もあるため、初日値付かずとまではいかない気がします。

よって、サイバーセキュリティクラウドIPOは公開価格の1.8倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイバーセキュリティクラウドIPOのその他抽選結果はこちら

サイバーセキュリティクラウドIPO初値決定前の気配運用

サイバーセキュリティクラウドIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の10,350円で、更新値幅225円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の3,375円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、1,125円以上で18,000円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング