エッジテクノロジー(4268)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。エッジテクノロジーIPOは仮条件が大幅に下振れしたことで警戒感が増しています。

ただ、エッジテクノロジーIPOは仮条件の発表に合わせて公募と売出株を削減したので規模は半減しています。

仮条件の下振れはマイナス要因ですが、規模が小さくなったのはプラス要素なので、悩ましい状況ですね。

エッジテクノロジー

エッジテクノロジーIPOの過去記事

エッジテクノロジーIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

エッジテクノロジーIPOのBBスタンスとIPO評価!AI関連IPO

エッジテクノロジーIPOの初値予想!仮条件は下振れ

エッジテクノロジーIPOの配分数(割当数)

エッジテクノロジーIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSMBC日興証券92%を占めているので、それなりに期待できそうです。

また、平幹事の中では抽選配分比率が高めのSBI証券楽天証券などもチャンスがありそうですね。

Branding EngineerのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SMBC日興証券 (主幹事) 2,493,200株 92% 2,493枚 A
野村證券 135,500株 5% 136枚 B
SBI証券 48,800株 1.8% 220枚 B
楽天証券 13,600株 0.5% 136枚 B
いちよし証券 8,100株 0.3% 1枚
極東証券 5,400株 0.2% -枚
松井証券 5,400株 0.2% 38枚
合計 2,710,000株 100% 3,024枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SMBC日興証券 オンライントレード

エッジテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は昨日(2月1日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング