エフ・コード(9211)IPOの仮条件が決まっています。エフ・コードIPOは、同時上場する7社の中でも特に規模が小さいため、需給面で注目されています。

エフ・コードIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインも気になりますね。

エフ・コード

エフ・コードIPOの関連記事

エフ・コードIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

エフ・コードIPOのBBスタンスとIPO評価!SaaS関連IPO

エフ・コードIPOの仮条件

1,860円~2,020円

エフ・コードIPOの仮条件は、想定価格の1,820円を上回るレンジになっています。エフ・コードIPOは当初からかなり期待されていたので、仮条件の上振れも想定内です。

ちなみに、エフ・コードIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.3億円から3.7億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
エフ・コードIPO主幹事のSBI証券

エフ・コードIPOの初値予想

4,600円 (想定価格比:+2,780円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,500円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,800円~4,300円)

↓(上場直前の初値予想)

6,000円 (公開価格比:+3,980円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,700円)

エフ・コードIPOは規模(吸収金額3.7億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もほぼないため、7社同時上場でも需給面でかなりの人気を集めると思います。

また、エフ・コードIPOは時流に乗ったDX事業を行っていて、SaaSCXというテーマ性もあるため、事業面でも人気を集めそうです。

よって、エフ・コードIPOは公開価格の約2.3倍に当たる4,600円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エフ・コードIPOの幹事団

エフ・コードIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 アイザワ証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
極東証券
マネックス証券
水戸証券
岡三証券
東洋証券
丸三証券
楽天証券
エイチ・エス証券
光世証券
松井証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券

エフ・コードIPOの主幹事はSBI証券なので、小型にもかかわらず数多くの証券会社が名を連ねています。ここまでくると、正直言って少しうんざりしますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社