フロンティア(4250)IPOの仮条件が決まっています。フロンティアは、地方市場(福証Q-Board)の地味なIPOなので、あまり話題になっていないようです。

ただ、フロンティアは11月のIPO第一弾なので、それでも健闘してほしいですね

フロンティア

フロンティアIPOの関連記事

フロンティアIPOの新規上場を承認!エイチ・エス証券が主幹事

フロンティアIPOのBBスタンスとIPO評価!自動車部品IPO

フロンティアIPOの仮条件

830円~930円

フロンティアIPOの仮条件は、想定価格の910円を挟んだノーマルなレンジになっています。フロンティアIPOは概ねそこそこの評価を得ているので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、フロンティアIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は1.05億円から1.07億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

フロンティアIPOの初値予想

1,200円 (想定価格比:+290円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)

フロンティアIPOは、流動性に難がある地方市場(福証Q-Board)への新規上場ですが、小型(吸収金額1.07億円)なので、それでもそれなりの人気を集めると思います。

ただ、自動車部品の製造・販売事業は地味でインパクトに欠けるため、小型でも初値が跳ねるほどではないと思います。

よって、フロンティアIPOは公開価格の約1.3倍に当たる1,200円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フロンティアIPOの幹事団

フロンティアIPOの幹事団
主幹事証券 エイチ・エス証券
幹事証券 岡三証券
ひろぎん証券
藍澤證券
西日本シティTT証券
FFG証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

フロンティアIPOは、地方市場(福証Q-Board)への新規上場なので、幹事団も主幹事のエイチ・エス証券をはじめ、ややマイナー色の濃い構成になっています。

ただ、それでもIPO幹事常連のSBI証券マネックス証券はしっかりと名を連ねているので、当選を狙うなら申込み必須ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社