GMOフィナンシャルゲート(4051)IPOの仮条件が決まっています。GMOフィナンシャルゲートIPOは、今が旬のキャッシュレス事業を展開しているというだけでなく、株価が概ね好調なGMOグループということでも注目されそうです。

また、GMOフィナンシャルゲートIPOは3社同時上場で、その後のIPOとも約2週間空いているため、かなり盛り上がりそうですね。

GMOフィナンシャルゲート

GOMフィナンシャルゲートIPOの関連記事

GMOフィナンシャルゲートIPOの改めての新規上場を承認!大和証券が主幹事

GMOフィナンシャルゲートのBBスタンスとIPO評価!スライド上場

GMOフィナンシャルゲートIPOの仮条件

2,420円~2,540円

GMOフィナンシャルゲートIPOの仮条件は、想定価格の2,420円を下限に上方へ拡げて設定されています。GMOフィナンシャルゲートIPOは、当初から注目されていたので、やや強めの仮条件も納得です。

ちなみに、GMOフィナンシャルゲートIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は12.5億円から13.1億円にアップしますが大差ないですね。

GMOクリック証券 証券取引口座
穴場になる可能性が高いGMOクリック証券

GMOフィナンシャルゲートIPOの初値予想

4,000円⇒5,000円 (公開価格比:+2,460円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,000円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,800円~5,800円)

GMOフィナンシャルゲートIPOは3社同時上場になりますが、吸収金額は3社合わせても約25億円なので、今の地合いなら何とかこなせそうです。

また、GMOフィナンシャルゲートIPOはキャッシュレスというテーマ性でも関心を集めると思います。

ただ、GMOフィナンシャルゲートIPOは親子上場(孫上場)で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約48万株)も懸念材料です。

よって、GMOフィナンシャルゲートIPOはVCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍を超えたあたりで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

GMOフィナンシャルゲートIPOのその他初値予想はこちら

GMOフィナンシャルゲートIPOの幹事団

GMOフィナンシャルゲートIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
いちよし証券
丸三証券
GMOクリック証券

GMOフィナンシャルゲートIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、全てネットから申し込める証券会社で構成されています。

中でも、GMOグループのIPOでたびたび穴場になっているGMOクリック証券は、今回も要注目です。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社