HCSホールディングス(4200)IPOの仮条件が決まっています。HCSホールディングスIPOは、IPOで根強い人気があるシステムインテグレーション事業などを行っていることで注目されているようです。

ただ、HCSホールディングスはIPOラッシュ真っ只中での4社同時上場というのが気掛かりですね。

HCSホールディングス

HCSホールディングスIPOの関連記事

HCSホールディングスIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

HCSホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!SI関連IPO

HCSホールディングスIPOの仮条件

1,660円~1,800円

HCSホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の1,730円を中間に挟んだレンジで設定されています。HCSホールディングスIPOは、新規承認時からそれなりの評価を得ていたので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、HCSホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は12.5億円から13億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
HCSホールディングスIPO主幹事のSBI証券

HCSホールディングスIPOの初値予想

3,200円 (想定価格比:+1,470円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,800円~3,300円)

HCSホールディングスIPOは、セレンディップ・ホールディングスIPOベイシスIPOアルマードIPOとの4社同時上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約16万株)も気になります。

しかし、HCSホールディングスIPOの規模(吸収金額13億円)はどちらかと言えば小さめなので、それでも何とかなりそうです。

また、システムインテグレーション事業ERP事業は新鮮味に欠けるものの根強い人気があるため、事業面でもそれなりの関心を集めると思います。

よって、HCSホールディングスIPOは公開価格の約1.8倍に当たる3,200円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HCSホールディングスIPOの幹事団

HCSホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 みずほ証券
丸三証券
水戸証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東海東京証券
東洋証券
むさし証券
藍澤證券
極東証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
GMOクリック証券

HCSホールディングスIPOの幹事団は数が多いので、主幹事のSBI証券をはじめ、なるべく多くの幹事証券に申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社