セレンディップ・ホールディングス(7318)IPOの仮条件が決まっています。セレンディップ・ホールディングスIPOは、モノづくり企業のM&Aや再生支援を行っていることで関心を集めているようです。

セレンディップ・ホールディングスIPOは4社同時上場ですが、小型なので何とかなりそうですね。

セレンディップ・ホールディングス

セレンディップ・ホールディングスIPOの関連記事

セレンディップ・ホールディングスIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

セレンディップ・ホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!M&A関連IPO

セレンディップ・ホールディングスIPOの仮条件

1,030円~1,130円

セレンディップ・ホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の1,130円を上限に下方へやや拡げて設定されています。

セレンディップ・ホールディングスIPOは小型なので、もう少し強めの仮条件になるかとも思いましたが、想定の範囲内ですね。

ちなみに、セレンディップ・ホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は11億円になります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
セレンディップ・ホールディングスIPO主幹事のSBI証券

セレンディップ・ホールディングスIPOの初値予想

2,000円 (想定価格比:+870円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,000円~2,300円)

セレンディップ・ホールディングスIPOは、ベイシスIPOアルマードIPOHCSホールディングスIPOとの4社同時上場で、前日に新規上場するアイ・パートナーズフィナンシャルIPOが初日値付かずになると、実質的に5社同時上場となってしまうため、資金分散の影響を受けるかもしれません。

また、セレンディップ・ホールディングスIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約23.4万株)も少し気になります。

しかし、セレンディップ・ホールディングスIPOは小型(吸収金額11億円)で、後継者不足に悩む中小企業のM&A再生支援事業もさらなる需要が見込めるため、それでも人気を集めると思います。

よって、セレンディップ・ホールディングスIPOは公開価格の約1.8倍に当たる2,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

セレンディップ・ホールディングスIPOの幹事団

セレンディップ・ホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
楽天証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
東洋証券
藍澤證券
水戸証券
エイチ・エス証券
SBIネオモバイル証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

セレンディップ・ホールディングスIPOの幹事団は小型なわりに大所帯なので、なるべく多くの幹事証券に申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社