アイ・パートナーズフィナンシャル(7345)IPOの仮条件が発表されました。アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、マザーズの超小型IPOなので、人気化必至の銘柄です。

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、アイドマ・ホールディングスIPOドリームベッドIPOとの3社同時上場ですが、それでもダントツの人気を集めそうなので楽しみですね。

アイ・パートナーズフィナンシャル

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの関連記事

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの改めての新規上場を承認!SBI証券が主幹事

アイ・パートナーズフィナンシャルのIPO評価とBBスタンス!小型なマザーズIPO

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの仮条件

2,940円~3,120円

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの仮条件は、想定価格の2,940円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは新規承認時から期待されていたので、強気の仮条件も納得です。

ちなみに、アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.4億円から3.6億円にアップしますが大差ないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
アイ・パートナーズフィナンシャルIPO主幹事のSBI証券

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの初値予想

10,000円 (想定価格比:+7,060円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,200円~7,200円)

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは、とにもかくにも当選枚数が少なくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、間違いなく人気化すると思います。

また、IFA(特定の金融機関に属さない独立したファイナンシャル・アドバイザー)による金融商品仲介業は、超高齢化社会において老後資金への意識が高まっていることから、さらに需要が見込めそうです。

よって、アイ・パートナーズフィナンシャルIPOは3社同時上場ですが、それでも初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの幹事団

アイ・パートナーズフィナンシャルIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 楽天証券
エース証券
あかつき証券
みずほ証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東洋証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
SBIネオモバイル証券

主幹事のSBI証券はIPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来ますが、かなりのポイント数が必要になりそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社