HENNGE(4475)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。HENNGE(へんげ)IPOは中規模ながらも、IPO向きのクラウド関連事業を展開していることで人気を集めそうです。

HENNGEは、にほんブログ村などでも概ね評価が高く、かなり良い初値が期待できそうなので、是非とも当選したいですね。

HENNGE

HENNGE(4475)IPOの過去記事

HENNGEのIPO初値予想!仮条件は上振れ!

HENNGEのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO!

HENNGEのIPO新規上場を承認!野村證券が主幹事!

HENNGEのIPO配分数(割当数)

HENNGEのIPO配分数(割当数)は、主幹事の野村證券約83%を占めています。また、平幹事の中では大和証券マネックス証券も微かにチャンスがありそうです。

HENNGE(4475)IPOは、ネットから申し込める幹事証券が多いので、上記の3社を中心になるべく多くの証券会社に申込むのがベストだと思います。

HENNGEのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 1,086,100株 83.04% 1,086枚 A
クレディ・スイス証券 104,600株 8% -枚
大和証券 52,300株 4% 78枚 B
いちよし証券 13,000株 0.99% 13枚
エース証券 13,000株 0.99% -枚
岡三証券 13,000株 0.99% 13枚
丸三証券 13,000株 0.99% 13枚
SBI証券 6,500株 0.50% 29枚 C
マネックス証券 6,500株 0.50% 65枚 B
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 1,308,000株 100% 1,297枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HENNGE(4475)IPOのBB(ブックビルディング)は、9月20日から始まっているので、なるべく早く申し込むことをオススメします。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング