インバウンドテック(7031)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。インバウンドテックIPOは当選枚数が少ないため、希少性から期待度がアップしているようです。

インバウンド事業はコロナの影響が大きそうでしたが、新たな業務に手を伸ばしながら、上手く立ち回っている点もプラス要素ですね。

インバウンドテック

インバウンドテックIPOの過去記事

インバウンドテックIPOの改めての新規上場を承認!東海東京証券が主幹事

インバウンドテックIPOのBBスタンスとIPO評価!再チャレンジIPO

インバウンドテックIPOの初値予想!仮条件はやや弱め

インバウンドテックIPOの配分数(割当数)

インバウンドテックIPOの配分数(割当数)は、主幹事の東海東京証券約92%を占めていますが、それでも当選枚数が極少なので、かなりの倍率になりそうですね。

また、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も必ず申し込んだ方が良いと思います。

インバウンドテックIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
東海東京証券 (主幹事) 188,700株 91.5% 189枚 A
SBI証券 6,200株 3% 28枚 B
香川証券 4,100株 1.99% -枚
エイチ・エス証券 4,100株 1.99% 4枚
エース証券 2,100株 1.02% -枚
水戸証券 1,000株 0.49% -枚
合計 206,200株 100% 221枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インバウンドテックIPOのBB(ブックビルディング)は、12月9日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング