今年の大発会では直近IPOの一角がストップ高で張り付き、翌日はその反動から値を下げる銘柄が目立ち、良くも悪くも年始から直近のIPOに注目が集まっています。

そこで、2020年に新規承認したIPOの騰落率ベスト5をリストアップしてみました。

今月はIPOの新規上場がないため、ベスト5入りした銘柄をはじめ、昨年新規上場したIPOにまだまだ資金が流れるかもしれませんね。

IPO騰落率ベスト

2020年のIPO騰落率ベスト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

4011
ヘッドウォータース
9月29日
みずほ証券
マザーズ
2.8億円
2,400円
28,560円
26,160円
1090%
2位

4052
フィーチャ
6月24日
SMBC日興証券
マザーズ
3.5億円
520円
4,710円
4,190円
805.8%
3位

2987
タスキ
10月2日
SBI証券
マザーズ
2.3億円
670円
5,060円
4,390円
655.2%
4位

7352
Branding Engineer
7月7日
SBI証券
マザーズ
2.1億円
490円
2,920円
2,430円
495.9%
5位

4056
ニューラルポケット
8月20日
みずほ証券
マザーズ
5.7億円
900円
5,100円
4,200円
466.%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

2020年のIPO騰落率No.1は、当初から初値高騰間違いなしと言われていたヘッドウォータースでした。それにしても、騰落率1090%、一撃で約260万円の利益とは驚きです。こんなIPOに一度で良いから当選してみたいですね。

ベスト5にランクインしたIPOは、全てマザーズの小型(吸収金額10億円以下)IPOになっており、マザーズの小型IPOは初値が跳ねるというセオリー通りの結果になっています。

また、ベスト5にランクインしたIPOで主幹事を務めていたみずほ証券SBI証券SMBC日興証券は、今年のIPOでも要注目です。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

2021年のIPOでは、どんな銘柄がどんな形で騰落率ベスト5にランクインするか楽しみですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング