2月のIPOは、今のところコーユーレンティアジモティーの2銘柄が新規承認されていますが、今週はIPOが新規承認されることはありませんでした。

ただ、昨年の2月はリート及びインフラIPOを含めて7銘柄が新規上場しているので、来週以降にいくつかのIPOが新規承認されるかもしれません。

そこで、2019年に新規承認したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。今年のIPOでは、ワースト5に入ってくるような銘柄を避けながら、上手く立ち回っていきたいですね。

2019年のIPO騰落率ワースト5

2019年のIPO騰落率ワースト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

2974
大英産業
6月4日
エイチ・エス証券
福岡証券取引所
6.84億円
1,520円
1,330円
-190円
-12.5%
2位

4448
Chatwork
9月24日
大和証券
マザーズ
156.4億円
1,600円
1,480円
-120円
-7.5%
3位

4599
ステムリム
8月9日
SMBC日興証券
マザーズ
96.6億円
1,000円
930円
-70円
-7%
4位

4477
BASE
10月25日
大和証券
SBI証券
マザーズ
108億円
1,300円
1,210円
-90円
-6.9%
5位

2980
SREホールディングス
12月19日
SMBC日興証券
大和証券
マザーズ
136.7億円
2,650円
2,475円
-175円
-6.6%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

昨年(2019年)のIPO騰落率No.1だった大英産業は、他の銘柄と比べてかなり小型ですが、流動性の低い地方市場(福岡証券取引所)への新規上場だったので、単純に比較することは出来ないと思います。

2位以降は、やはりマザーズの大型IPOが顔を揃えています。毎年、この傾向は変わらないので、今年もマザーズの大型IPOは慎重に判断する必要がありそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

今月はIPOの新規上場がありませんが、これから春に向けて数多くの銘柄が新規承認されると思うので、今のうちにまだ持っていない証券口座を開設しておきましょう。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社