KIYOラーニング(7353)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。KIYOラーニングIPOは、小型なマザーズIPOとして注目されているようです。

KIYOラーニングIPOは、今の地合いがキープ出来れば、それなりに良い初値が付きそうなので、何とか当選したい銘柄ですね。

KIYOラーニング

KIYOラーニングIPOの過去記事

KIYOラーニングIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

KIYOラーニングIPOのBBスタンスとIPO評価!オンライン学習IPO

KIYOラーニングIPOの初値予想!仮条件は上振れ

KIYOラーニングIPOの配分数(割当数)

KIYOラーニングIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSMBC日興証券92%を占めています。また、平幹事のSBI証券もほんのわずかですがチャンスがありそうです。

さらに、最近IPOで幹事団に名を連ねることが多くなっている楽天証券も100%完全抽選なので、必ず申し込んだほうが良いと思います。

KIYOラーニングIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SMBC日興証券 (主幹事) 313,000株 92% 313枚 A
大和証券 10,200株 3% 15枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 6,800株 2% 7枚
SBI証券 6,800株 2% 31枚 B
楽天証券 3,400株 1% 34枚 B
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
合計 340.200株 100% 400枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

KIYOラーニングIPOのBB(ブックビルディング)は7月6日までなので、上記の割当数(配分数)を参考にしながら、早めに申し込むことをオススメします。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング