クリングルファーマ(4884)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。クリングルファーマIPOは、人気化しやすいマザーズの小型IPOですが、赤字のバイオなので、それでも警戒感のほうが強いようです。

ただ、クリングルファーマIPOは同じく赤字バイオのファンペップIPOよりは概ね良い評価を得ていて、当選枚数も多くないため、それでも簡単に当選できるというわけではありませんね。

クリングルファーマ

クリングルファーマIPOの過去記事

クリングルファーマIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

クリングルファーマIPOのBBスタンスとIPO評価!赤字のバイオ

クリングルファーマIPOの初値予想!仮条件はやや強気

クリングルファーマIPOの配分数(割当数)

クリングルファーマIPOの配分数(割当数)は、主幹事の野村證券80%を占めています。また、100%平等抽選でIPO後期抽選型の楽天証券も当選枚数がそこそこあります。

さらに、SBI証券も微かにチャンスがありそうですね。ただし、クリングルファーマIPOに申し込む場合は、ややリスクがあることを頭に入れておく必要があると思います。

クリングルファーマIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 464,000株 80% 464枚 A
SBI証券 29,000株 5% 131枚 B
SMBC日興証券 29,000株 5% 29枚
楽天証券 17,400株 3% 174枚 B
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 17,400株 3% 17枚
いちよし証券 5,800株 1% 1枚
東洋証券 5,800株 1% -枚
エース証券 5,800株 1% -枚
岡三証券 5,800株 1% 6枚
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 580,000株 100% 822枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東和ハイシステムIPOのBB(ブックビルディング)は12月16日に締め切られるので、これから申し込まれる方は、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

また、また、主幹事の野村證券は締切日が一日早く、12月15日午後11時59分に締め切られるのでご注意ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング