プラスアルファ・コンサルティング(4071)IPOの仮条件が決まっています。プラスアルファ・コンサルティングIPOは、SaaS型のクラウドサービスを展開していることで注目されています。

プラスアルファ・コンサルティングIPOは大型で、IPOの地合いがあまり良くないのも気になりますが、6月最後のIPOとして少しでも良い初値を付けてほしいですね。

プラスアルファ・コンサルティング

プラスアルファ・コンサルティングIPOの関連記事

プラスアルファ・コンサルティングIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

プラスアルファ・コンサルティングIPOのBBスタンスとIPO評価!SaaS関連IPO

プラスアルファ・コンサルティングIPOの仮条件

2,100円~2,300円

プラスアルファ・コンサルティングIPOの仮条件は、想定価格の1,940円を上回るレンジで設定されています。

プラスアルファ・コンサルティングIPOは大型ですが、それでも仮条件が上振れしたことから、事業面での期待度の高さがうかがえます。

ちなみに、プラスアルファ・コンサルティングIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は211.8億円から251.1億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

プラスアルファ・コンサルティングIPOの初値予想

3,500円→2,800円 (公開価格比:+500円)

(※大手予想会社の初値予想:2,900円~3,300円)

プラスアルファ・コンサルティングIPOは規模(吸収金額251.1億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約952万株)も多いため、需給面に不安があります。

ただし、プラスアルファ・コンサルティングIPOは欧州及びアジアを中心とする海外(米国及びカナダ除く)への販売が予定されているため、海外への配分比率が高まるようだと、需給面の不安は一気に払拭される可能性があります。

また、プラスアルファ・コンサルティングIPOはSaaSクラウドビッグデータAIといったテーマ性のある事業を展開しているため、事業面で人気を集めそうです。

よって、プラスアルファ・コンサルティングIPOは、VCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プラスアルファ・コンサルティングIPOの幹事団

プラスアルファ・コンサルティングIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
auカブコム証券

プラスアルファ・コンサルティングIPOは大型だけに当選枚数も多いため、当選を狙うなら主幹事の野村證券だけでなく、平幹事もしっかりと申し込んでおきたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社