リベロ(9245)IPOの仮条件が決まっています。リベロIPOは、「新生活ラクっとNAVI」などの新生活サービスプラットフォームを運営していることで関心を集めています。

ただ、リベロIPOは同時上場する4社の中では地味めなので、資金分散の影響が気になりますね。

リベロ

リベロIPOの関連記事

リベロIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

リベロIPOのBBスタンスとIPO評価!新生活サービスIPO

リベロIPOの仮条件

1,250円~1,400円

リベロIPOの仮条件は、想定価格の1,680円を大幅に下回るレンジで設定されています。リベロIPOは、当初から概ね良い評価を得ていたので、仮条件の下振れには驚きました。

ちなみに、リベロIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は9.2億円から7.7億円にダウンするので、ますます小型になりますね。

SMBC日興証券 オンライントレード
リベロIPO主幹事のSMBC日興証券

リベロIPOの初値予想

2,400円 (想定価格比:+720円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~1,800円)

リベロIPOは、仮条件の下振れが気になりますが、その分規模(吸収金額7.7億円)も小さくなったため、それでも需給面で注目されると思います。

ただ、新生活サイト運営のリベロは、同時上場するキャッシュレスジィ・シィ企画広告運用サービスデジタリフトインターネット決済サービスROBOT PAYMENTと比べて一番地味なので、やや他の銘柄の陰に隠れてしまうかもしれません。

よって、リベロIPOは公開価格の約1.7倍に当たる2,400円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リベロIPOの幹事団

リベロIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
いちよし証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
東海東京証券
あかつき証券
auカブコム証券

リベロIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社が大半なので、幅広く申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社