リビン・テクノロジーズ(4445)IPOの仮条件が決まっています。リビン・テクノロジーズIPOは、不動産テックというテーマ性で注目されているようです。

また、リビン・テクノロジーズは6月最後のIPOなので、日を追うごとに期待度も高まっているようですね。

リビン・テクノロジーズ

リビン・テクノロジーズIPOの関連記事

リビン・テクノロジーズIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産テックIPO!

リビン・テクノロジーズIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

リビン・テクノロジーズIPOの仮条件

3,700円~3,900円

リビン・テクノロジーズIPOの仮条件は、想定価格の3,820円を挟んで設定されています。リビン・テクノロジーズIPOは、当初から注目されていたので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、リビン・テクノロジーズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は14.6億円から14.9億円にアップしますが、ほとんど変わりないですね。


楽天証券のIPOルール

リビン・テクノロジーズIPOの初値予想

10,000円 (想定価格比:+6,100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,000円~9,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:8,000円~9,000円)

リビン・テクノロジーズは、6月最後のIPOというだけでなく、値がさだけに当選枚数も少ないため、需給面で人気化すると思います。

また、リビン・テクノロジーズIPOは不動産テックというテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、リビン・テクノロジーズIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リビン・テクノロジーズIPOのその他初値予想はこちら

リビン・テクノロジーズIPOの幹事団

リビン・テクノロジーズIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
SMBC日興証券
楽天証券
マネックス証券
いちよし証券
東海東京証券
丸三証券
岩井コスモ証券
エース証券

主幹事のみずほ証券は当然ながら、100%完全抽選のマネックス証券楽天証券も要注目です。また、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も申し込み必須ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社