日通システム(4013)IPOが、明日(10月13日)東証マザーズ市場へ新規上場します。日通システムIPOは、地合いが非常に良いため、規模が大きいながらも、期待度が高まっているようです。

また、日通システムIPOは約1週間ぶりの新規上場になるので、注目度も高そうですね。

日通システム

日通システムIPOの過去記事

日通システムIPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券

日通システムIPOのBBスタンスとIPO評価!HRM系IPO

日通システムIPOの配分数!野村證券が91%占める

日通システムIPOの抽選結果!公開価格は3,000円

日通システムIPO上場直前の初値予想

3,800円 (想定価格比:+800円)

(※大手予想会社の初値予想:3,300円~3,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,760円

日通システムIPO上場直前の初値予想は、以前にアップしていた3,300円から3,800円に上方修正したいと思います。

日通システムIPOは規模(吸収金額86.3億円)が大きめですが、今の地合いなら難なくこなせそうです。

また、HRM(Human Resource Management)事業は働き方改革という国策とマッチしていて、クラウドというテーマ性もあるため、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、日通システムIPOは公開価格の1.3倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日通システムIPOのその他初値予想はこちら

日通システムIPO初値決定前の気配運用

日通システムIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の6,900円で、更新値幅150円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の2,250円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、750円以上で12,000円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング