のむら産業(7131)IPOの仮条件が決まっています。のむら産業IPOは包装関連事業という地味な業態なので、今のところあまり話題になっていません。

ただ、のむら産業は12月のIPO第一弾なので、それでも無難なスタートを切ってほしいですね。

のむら産業

のむら産業IPOの関連記事

のむら産業IPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

のむら産業IPOのBBスタンスとIPO評価!包装関連IPO

のむら産業IPOの仮条件

1,160円~1,210円

のむら産業IPOの仮条件は、想定価格の1,210円を下限に下方へ拡げて設定されています。のむら産業IPOは、当初からやや地味という評価だったので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、のむら産業IPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は9.2億円になります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

のむら産業IPOの初値予想

1,210円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,310円~1,510円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,210円~1,350円)

のむら産業IPOは小型(吸収金額9.2億円)ですが、公募株ゼロの売出株のみなので、それでも投資ファンドのイグジット案件として警戒されそうです。

また、米穀精米袋を中心とした包装関連事業物流梱包事業も地味なので、事業面もイマイチといった印象です。

よって、のむら産業IPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

のむら産業IPOは小型なので、少しでもプラスになってほしいところですが、今の地合いだと初値が公開価格を割れる可能性もないとは言えませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

のむら産業IPOの幹事団

のむら産業IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
いちよし証券
水戸証券
丸三証券
極東証券
あかつき証券
楽天証券
マネックス証券

のむら産業IPOの幹事団は主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券マネックス証券など、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えてますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社