のむら産業(7131)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。のむら産業IPOは事業内容が包装関連と地味なため、小型なのに期待度は低そうです。

のむら産業はやや微妙なIPOなので、参加するかどうか、参加するにしてもどの程度の力加減で参加するか悩ましいですね。

のむら産業

のむら産業IPOの過去記事

のむら産業IPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

のむら産業IPOのBBスタンスとIPO評価!包装関連IPO

のむら産業IPOの初値予想!仮条件はやや弱め

のむら産業IPOの配分数(割当数)

のむら産業IPOの配分数(割当数)は、主幹事のみずほ証券約87%を占めていますが、それでも当選枚数はあまり多くないので、評価はイマイチでもゲットするのはかなり難しそうです。

また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、必ず申し込んだほうが良いと思います。

のむら産業IPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 576,100株 87% 576枚 A
SBI証券 13,200株 2% 59枚 B
いちよし証券 13,200株 2% 1枚
水戸証券 13,200株 2% -枚
丸三証券 13,200株 2% 13枚
極東証券 13,200株 2% -枚
あかつき証券 13,200株 2% -枚
楽天証券 6,600株 1% 66枚 B
マネックス証券 ?株 ?% ?枚
合計 661,900株 100% 715枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBI証券[旧イー・トレード証券]

のむら産業IPOのBB(ブックビルディング)は、本日(11月15日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずにに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング