オープンワーク(5139)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月1日から始まります。

オープンワークは国内最大級の社員クチコミ・年収データを有する転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を開発・運営しています。

オープンワークはIPOラッシュ中というだけでなく、Rebaseフーディソンとの3社同時上場にもなるので、資金分散の影響が気掛かりですね。

オープンワーク

オープンワーク(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名オープンワーク
コード5139(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
マネックス証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
岡三証券
松井証券
丸三証券
LINE証券
岡三オンライン
上場日12月16日
仮条件決定日11月29日(2,920円~3,150円に決定)
ブックビルディング期間12月1日から12月7日
公開価格決定日12月8日
申込期間12月9日から12月14日まで
公募500,000株
売出し626,900株
OA169,000株
吸収金額37.8億円
時価総額150億円
想定価格2,920円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券

オープンワークIPOの事業内容

オープンワークは個人が投稿した社員クチコミを基盤とするワーキングデータプラットフォーム事業を展開しています。

主力サービスである「OpenWork」は、社員クチコミデータを基盤とした転職・就職のための会社情報サイトになっています。

OpenWorkには、会社に関する社員クチコミ、評価スコア、数値データが掲載されているため、様々な角度から会社の実態を知り、転職・就職等に役立てることができます。

また、「OpenWorkリクルーティング」は自社の働きがいを採用力に変えることができる企業向け採用支援サービスになっています。

求職者は「OpenWork」に掲載されている社員クチコミ、評価スコア、月間残業時間などの数値データを確認し、会社のことをよく理解したうえで求人に応募することができるシステムになっているため、求人企業と求職者の双方のミスマッチ低減や入社後定着率の向上を図ることができます。

さらに、オープンワークはその他事業として、社員クチコミデータを投資判断のためのオルタナティブデータとして提供するサービス「FIS(Financial Indicator Service)」を展開しています。

オープンワークIPOの事業系統図

オープンワークの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 当社の事業拡大のための人件費及び採用費
  2. サービスの認知向上と収益拡大のための広告宣伝費

オープンワークIPOの業績

オープンワークの業績

(※画像クリックで拡大)

オープンワークIPOの売上は堅調に推移しており、利益もコロナの影響でバラついてるものの回復してきている感じですね。

オープンワークのIPO評価

オープンワークは規模(吸収金額37.8億円)が同時上場する3社の中で一番大きく、親子上場リンクアンドモチベーション(2170)の子会社)でもあるため、需給面に不安があります。

ただ、人材サービス関連はIPOで安定した人気があり、業績も堅調に推移しているため、事業面ではそれなりの評価を得られそうです。

よって、オープンワークのIPO評価はCが妥当だと考えています。オープンワークIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オープンワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オープンワークIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込みます。

オープンワークIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
アイザワ証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB検討中
岡三証券 BB不参加
松井証券 BB検討中
丸三証券 口座なし
LINE証券 BB検討中
岡三オンライン BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社