ペイロール(4489)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の6月3日から開始されます。ペイロールは、給与計算業務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を行っている企業です。

ペイロールは、ペルセウスプロテオミクス東海道リート投資法人デコルテ・ホールディングスとの4社同時上場なので、資金分散の影響を受けそうですね。

ペイロール

ペイロール(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ペイロール
コード4489(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
東海東京証券
岡地証券
SBI証券
いちよし証券
上場日6月22日
仮条件決定日6月1日(1,280円~1,380円に決定)
ブックビルディング期間6月3日から6月9日
公開価格決定日6月10日(1,380円に決定)
申込期間6月14日から6月17日まで
公募428,000株
売出し6,410,000株
OA1,025,700株
吸収金額108.5億円
時価総額247.1億円
想定価格1,380円→公開価格:1,380円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ペイロールIPOの事業内容

ペイロールは、顧客企業の人事・労務関連業務の土台を支え続けることで、企業社会を根底から支える基盤、つまり「ソフトインフラとしての役割を担うこと」を理念とし、給与計算業務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を主たる事業として行っています。

ペイロールの給与計算業務のBPOは、給与・定期賞与計算はもちろん、年末調整補助業務や地方税特別徴収補助などの季節性業務、身上異動等の人事関連業務、従業員及び各拠点との直接対応など、給与計算に関わる様々な周辺業務をサポートする「フルスコープ型アウトソーシング」になっています。

ペイロールのフルスコープ型アウトソーシング

また、ペイロールはフルスコープ型アウトソーシングサービスのノウハウを活かした「マイナンバー管理サービス」も提供しています。

ペイロールIPOのビジネスモデル

ペイロールのビジネスモデル

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 給与計算アウトソーシング分野・領域のサービスの拡張を目的として、ユーザーインターフェースの改善や通勤費計算に関する機能強化等の基幹システム機能強化
  2. 業績拡大への対応を目的として、将来における採用活動費及び人件費等の運転資金に充当

ペイロールIPOの業績

ペイロールの業績

(※画像クリックで拡大)

ペイロールIPOの業績は、概ね堅調に推移しているようです。

ペイロールのIPO評価

ペイロールは4社同時上場というだけでなく、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)への販売も予定されているとはいえ規模(吸収金額108.5億円)が大きく、売出株も多いため、需給面に不安があります。

ただ、ペイロールの給与計算業務のBPOは利用者数実績No.1で、サービス継続率も約97%と高いため、事業面ではそれなりの評価を得られそうです。

よって、ペイロールのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ペイロールIPOは大型だけに地合いにも左右されそうですが、公開価格をやや上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ペイロールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ペイロールIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事の野村證券だけでなく、平幹事のSMBC日興証券SBI証券にも申し込もうと考えています。

ペイロールIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東海東京証券 BB不参加
岡地証券 口座なし
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB不参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社