POPER(5134)IPOの仮条件が決まっています。POPERはSaaS関連の小型IPOとして注目されています。

POPERは規模が同時上場ベースフードよりも格段に小さいため、需給面ではリードしていますね。

POPER

POPER(5134)IPOの関連記事

POPERのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事

POPERのIPO評価とBBスタンス!SaaS関連IPO

POPERのIPO仮条件

630円~700円

POPERのIPO仮条件は、想定価格の630円を下限に上方へ拡げて設定されています。POPERはまずまずの評価を得ていたので、やや強気の仮条件も想定の範囲内ですね。

ちなみに、POPERのIPO初値予想が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.8億円から4.2億円にアップします。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

POPERのIPO初値予想

1,050円 (想定価格比:+420円)

(※大手予想会社の初値予想:800円~1,000円)

POPERはベースフードとの同時上場になりますが、手頃な価格で規模(吸収金額4.2億円)も小さいため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、POPERはIPOで根強い人気があるSaaSというテーマ性があるため、事業面でも関心を集めそうです。

ただし、POPERは業績が赤字で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約106万株)が多いのも気掛かりです。

よって、POPERはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

POPERのIPO幹事団

POPERのIPO幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
松井証券
東洋証券

POPERのIPO幹事団はわりとコンパクトで、東洋証券以外は全てネットから申し込めるため、もれなく申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社