SBIリーシングサービス(5834)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

SBIリーシングサービスIPOは業績好調なオペレーティング・リース事業を展開していることで関心を集めています。

ただ、SBIリーシングサービスIPOは親子上場で規模も大きいため、申し込むかどうか、どの程度の力加減で申し込むか、難しいところですね。

SBIリーシングサービス

SBIリーシングサービスIPOの過去記事

SBIリーシングサービスIPOの新規上場を承認!大和とみずほとSBIが共同主幹事

SBIリーシングサービスIPOのBBスタンスとIPO評価!リース関連IPO

SBIリーシングサービスIPOの初値予想!仮条件はやや弱め

SBIリーシングサービスIPOの配分数(割当数)

SBIリーシングサービスIPOの配分数(割当数)は、主幹事の大和証券55%を占めているので、それなりに期待できそうです。

また、共同主幹事のSBI証券は抽選配分比率が高いため、当選枚数が大和証券よりも多そうなので、かなり期待できそうです。

SBIリーシングサービスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 1,210,000株 55% 1,210枚 A
みずほ証券 (主幹事) 550,000株 25% 550枚 B
SBI証券 (主幹事) 330,000株 15% 1,485枚 A
SMBC日興証券 44,000株 2% 44枚
松井証券 22,000株 1% 220枚 C
岩井コスモ証券 22,000株 1% 22枚
極東証券 22,000株 1% -枚
合計 2,200,000株 100% 3,531枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBIリーシングサービスIPO共同主幹事のSBI証券

SBIリーシングサービスIPOのBB(ブックビルディング)は本日(10月3日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社