ティアンドエス(4055)IPOの仮条件が決まっています。ティアンドエスIPOは規模が小さくて日程にも恵まれているので、需給面だけでも相当な人気を集めると思います。

また、ティアンドエスIPOはAI(人工知能)関連銘柄としても関心を集めているようなので、かなり期待できそうですね。

ティアンドエス

ティアンドエスIPOの関連記事

ティアンドエスIPOの新規上場を承認!いちよし証券が主幹事

ティアンドエスIPOのBBスタイルとIPO評価!システム開発IPO

ティアンドエスIPOの仮条件

ティアンドエスIPOの仮条件は、想定価格の2,650円を下限に上方へ大きく拡げたレンジになっています。ティアンドエスIPOは当初から注目されていて、IPOの初値買い意欲も相変わらず高いため、強気の仮条件も納得です。

ちなみに、ティアンドエスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は7.3億円から7.8億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

ティアンドエスIPOの初値予想

6,500円⇒8,000円 (公開価格比:+5,200円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,500円~6,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,600円~6,500円)

ティアンドエスIPOは、規模(吸収金額7.8億円)が小さくて当選枚数も少ないため、希少性から間違いなく人気化すると思います。

また、ティアンドエスIPOは売上に占める割合はまだ小さいながらも、AI(人工知能)というテーマ性でも注目されそうです。

よって、ティアンドエスIPOは上場初日の気配上限価格である公開価格の2.3倍を目途に初値形成すると予想しています。

今の地合いが続いていれば、初日値付かずの可能性も十分にありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ティアンドエスIPOのその他初値予想はこちら

ティアンドエスIPOの幹事団

ティアンドエスIPOの幹事団
主幹事証券 いちよし証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
岡三証券
楽天証券
むさし証券
岡三オンライン証券

ティアンドエスIPOは当選枚数が少ないので、主幹事のいちよし証券をはじめ、平幹事のSBI証券マネックス証券など、ネットから申し込める証券会社になるべく多く申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やすしかないですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社