ティアンドエス(4055)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ティアンドエスIPOは、マザーズ、小型、ネット関連と、初値高騰の条件が揃っているので、期待度も高まっているようです。

ティアンドエスIPOは、やや値がさだけに大きな利益が得られそうなので、是非ともゲットしたいですね。

ティアンドエス

ティアンドエスIPOの過去記事

ティアンドエスIPOの新規上場を承認!いちよし証券が主幹事

ティアンドエスIPOのBBスタイルとIPO評価!システム開発IPO

ティアンドエスIPOの初値予想!仮条件は強気

ティアンドエスIPOの配分数(割当数)

ティアンドエスIPOの配分数(割当数)は、主幹事のいちよし証券約75%を占めています。

しかし、いちよし証券はIPOの抽選配分比率を10%から1%へ改悪したため、主幹事といえども当選するのは困難ですね。

よって、100%完全抽選のマネックス証券と、抽選配分比率が高めのSBI証券の方が、平幹事ながらもチャンスがありそうです。

ティアンドエスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
いちよし証券 (主幹事) 185,500株 75.1% 19枚 B
野村證券 22,200株 8.99% 22枚 B
SBI証券 12,300株 4.98% 55枚 A
極東証券 7,400株 3% -枚
東洋証券 7,400株 3% -枚
マネックス証券 7,400株 3% 74枚 A
岡三証券 2,400株 0.97% 2枚
楽天証券 2,400株 0.97% 24枚 B
むさし証券 ?株 ?% ?枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 247,000株 100% 196枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ティアンドエスIPOのBB(ブックビルディング)は、7月20日から始まっているので、上記の割当数(配分数)を参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング