東京通信(7359)IPOの仮条件が決まっています。東京通信IPOは、IT関連のマザーズIPOとして注目されているようです。

東京通信IPOは、グローバルインフォメーションIPOとの同時上場ですが、どちらも人気を集めそうなので、楽しいクリスマスイブになりそうですね。

東京通信

東京通信IPOの関連記事

東京通信IPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券

東京通信IPOのBBスタンスとIPO評価!アプリ開発IPO

東京通信IPOの仮条件

1,200円~1,250円

東京通信IPOの仮条件は、想定価格の1,250円を上限に下方へ少しだけ拡げて設定されています。やや弱めの仮条件にも見えますが、公開価格が仮条件の上限で決まれば想定価格通りなので、問題ありませんね。

ちなみに、東京通信IPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は14.4億円になります。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

東京通信IPOの初値予想

2,500円 (想定価格比:+1,250円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,400円~2,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,500円~2,900円)

東京通信IPOは、グローバルインフォメーションIPOとの同時上場になりますが、規模(吸収金額14.4億円)は大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もあまりないため、需給面はそれほど悪くないと思います。

また、ゲーム関連事業に以前ほどの期待感はありませんが、いまだに根強い人気があるので、事業面でも注目されそうです。

よって、東京通信IPOは公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東京通信IPOの幹事団

東京通信IPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券

東京通信IPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、全てネットから申し込める証券会社が顔を揃えています。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社