ヤプリ(4168)IPOの仮条件が発表されました。ヤプリIPOは大型ですが、ノーコード(プログラミング不要)でアプリ開発ができるという事業内容で注目されています。

しかし、ヤプリはKaizen Platformウェルスナビとの3社同時上場なので、資金分散の影響は避けられませんね。

ヤプリ

ヤプリIPOの関連記事

ヤプリIPOの新規上場を承認!みずほ証券と大和証券が共同主幹事

ヤプリIPOのBBスタンスとIPO評価!アプリ開発IPO

ヤプリIPOの仮条件

2,960円~3,160円

ヤプリIPOの仮条件は、想定価格の2,960円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。ヤプリIPOは規模が大きいので、もう少しノーマルな仮条件になるかと思いましたが、やはり事業面への注目度が高いからか、やや強めの仮条件になっています。

ちなみに、ヤプリIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は165億円から176.1億円にアップするので、ますます重くなってしまいますね。


マネックス証券のIPOは100%完全抽選

ヤプリIPOの初値予想

3,500円⇒4,800円 (公開価格比:+1,640円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,400円~3,900円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,800円~4,300円)

ヤプリIPOは3社同時上場で、吸収金額も3社合わせて約999億円と非常に大きいため、資金分散の影響を受けると思います。

また、ヤプリIPOは業績が赤字で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いのも懸念材料です。

しかし、ノーコード(プログラミング不要)でアプリを開発できるクラウド型のアプリ運営プラットフォーム「yappli」は注目度が高いため、事業面で一定の評価を得られそうです。

よって、ヤプリIPOは公開価格を10%程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヤプリIPOの幹事団

ヤプリIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
大和証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
マネックス証券

ヤプリIPOの幹事団は、共同主幹事のみずほ証券大和証券だけでなく、平幹事も全てネットから申し込める証券会社が顔を揃えています。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社