ウェルスナビ(7342)IPOの仮条件が決まっています。ウェルスナビIPOは、資産運用を全自動化したロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を運営しているフィンテック企業として注目されています。

ウェルスナビは、Kaizen Platformヤプリだけでなく、初日値付かずだったいつもIPO加えた4社同時上場ですが、その中では知名度抜群なので、やや優位かもしれませんね。

ウェルスナビ

ウェルスナビIPOの関連記事

ウェルスナビIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券

ウェルスナビIPOのBBスタンスとIPO評価!ロボアドバイザーIPO

ウェルスナビIPOの仮条件

1,100円~1,150円

ウェルスナビIPOの仮条件は、想定価格の1,100円を下限に上方へやや拡げたレンジになっています。

ウェルスナビIPOは、12月に新規上場するIPOの中でも特に注目されているので、やや強めの仮条件も想定内です。

ちなみに、ウェルスナビIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は188.7億円から197.3億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ウェルスナビIPO主幹事のSBI証券

ウェルスナビIPOの初値予想

1,400円⇒1,730円 (公開価格比:+580円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,200円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,150円~1,350円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,300円~1,500円)

ウェルスナビIPOは、同時上場する3社の中で規模(吸収金額197.3億円)が一番大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、資金分散の影響も大きそうです。

また、ウェルスナビIPOは業績が赤字というのも懸念材料ですが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の知名度は高くて話題性も十分なので、それでも同時上場する3社の中では一番人気を集めそうです。

よって、ウェルスナビIPOは公開価格の1.2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウェルスナビIPOの幹事団

ウェルスナビIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
大和証券
幹事証券 みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
岡三証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
SBIネオモバイル証券

ウェルスナビIPOは大型で当選枚数も多いため、共同主幹事のSBI証券大和証券はもとより、みずほ証券などの平幹事にも大いにチャンスがありそうですね。

また、ひと株からの申し込みになりますが、主幹事と同グループのSBIネオモバイル証券も穴場になりそうです。

SBIネオモバイル証券


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社