グローバルインフォメーション(4171)IPOの仮条件が決まっています。グローバルインフォメーションIPOは、ジャスダックの地味めな銘柄ですが、規模の小ささで注目されているようです。

グローバルインフォメーションIPOは、東京通信IPOとの同時上場になります。

しかし、規模はどちらも大きくないので資金分散の影響は小さいと思います。ただ、IPOラッシュ中なので、買い疲れの影響は出始めるかもしれませんね。

グローバルインフォメーション

グローバルインフォメーションIPOの関連記事

グローバルインフォメーションIPOの新規上場を承認!主幹事はエイチ・エス証券

グローバルインフォメーションIPOのBBスタンスとIPO評価!市場調査IPO

グローバルインフォメーションIPOの仮条件

1,110円~1,210円

グローバルインフォメーションIPOの仮条件は、想定価格の1,200円をほぼ上限に下方にやや拡げたレンジになっています。グローバルインフォメーションIPOは、やや地味ながらも需給面で注目されていたので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、グローバルインフォメーションIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は6.9億円から7億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

グローバルインフォメーションIPOの初値予想

2,400円 (想定価格比:+1,200円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,900円~2,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,500円)

グローバルインフォメーションIPOは、東京通信IPOとの同時上場ですが、小型(吸収金額7億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、それでも人気化すると思います。

また、市場調査レポート事業は地味ながらも堅実な印象で、業績も安定していることから一定の評価を得られそうです

よって、グローバルインフォメーションIPOは公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グローバルインフォメーションIPOの幹事団

グローバルインフォメーションIPOの幹事団
主幹事証券 エイチ・エス証券
幹事証券 みずほ証券
SBI証券
岡三証券
マネックス証券
松井証券
楽天証券
岡三オンライン証券

主幹事のエイチ・エス証券は、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので助かります。

また、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券や、100%平等抽選のマネックス証券楽天証券も要チェックですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社