Kaizen Platform(4170)IPOの仮条件が決まっています。Kaizen Platformは、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援する事業を展開していることで関心を集めています。

しかし、Kaizen Platformは大型なウェルスナビIPOヤプリIPOとの3社同時上場なので、資金分散や買い疲れの影響が気になりますね。

Kaizen Platform

Kaizen Platform(4170)IPOの関連記事

Kaizen PlatformのIPO新規上場を承認!SBI証券が主幹事

Kaizen PlatformのIPO評価とBBスタンス!DX支援IPO

Kaizen PlatformのIPO仮条件

1,100円~1,150円

Kaizen PlatformのIPO仮条件は、想定価格の1,100円を下限に上方へ少しだけ拡げて設定されています。Kaizen Platformは規模が大きいながらもDX関連銘柄として注目されていたので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、Kaizen PlatformのIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は63.4億円から66.2億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
Kaizen Platform(4170)IPO主幹事のSBI証券

Kaizen PlatformのIPO初値予想

1,270円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,300円~1,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,150円~1,350円)

Kaizen Platformは、大型(吸収金額66.2億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いだけでなく、さらに規模の大きいウェルスナビIPOヤプリIPOとの3社同時上場にもなるので、需給面に不安があります。

しかし、WebサイトのUI/UX改善を支援する事業は注目度が高く、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、事業面で注目されると思います。

よって、Kaizen Platformは公開価格を10%程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Kaizen PlatformのIPO幹事団

Kaizen PlatformのIPO幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 クレディ・スイス証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
岡三証券
エイチ・エス証券
岩井コスモ証券
極東証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
SBIネオモバイル証券

Kaizen Platform(4170)IPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能です。

また、ひと株からの申し込みになりますが、主幹事と同グループのSBIネオモバイル証券が穴場になりかもしれませんね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社