2022年前半のIPOは地合いが良くなったため、初値の公開価格割れが続出する事態となってしまいました。

そこで、2022年4月までに新規承認したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。5月以降のIPOでは初値の公開価格割れがゼロになってほしいですね。

IPO初値騰落率ワースト5

2022年4月までのIPO初値騰落率ワースト5
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

9214
Recovery International
2月3日
岡三証券
マザーズ
19.3億円
3,060円
2,640円
-420円
-13.7%
2位

5079
ノバック
3月31日
東海東京証券
東証2部
30億円
3,000円
2,630円
-370円
-12.3%
3位

9213
セイファート
2月4日
みずほ証券
ジャスダック
9.6億円
1,120円
1,030円
-90円
-8%
4位

9223
ASNOVA
4月21日
東海東京証券
名証ネクスト
3.9億円
1,630円
1,499円
-131円
-8%
5位

9216
ビーウィズ
3月2日
みずほ証券
東証1部
117億円
1,400円
1,320円
-80円
-5.7%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

2022年4月までのIPO初値騰落率ワースト5は、上場市場が全て異なっていて規模もバラバラなので、やはり地合いの悪さが公開価格割れの一番の要因と言えそうです。

ちなみに、昨年同時期のワースト5では初値が公開価格を割れたIPOはなかったので、昨年と比べても今年のIPOの不調さがうかがえますね。

今年のIPOはようやく上向てきた感があるので、後半戦では以前のような賑やかさを取り戻してほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社