デジタリフト(9244)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月8日からスタートします。デジタリフトは、アジャイル広告運用サービスなどを提供している企業です。

デジタリフトは、ジィ・シィ企画リベロROBOT PAYMENTとの4社同時上場になるので、地合いや資金分散の影響が気になりますね。

デジタリフト

デジタリフト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名デジタリフト
コード9244(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月6日(1,490円~1,570円に決定)
ブックビルディング期間9月8日から9月14日
公開価格決定日9月15日(1,570円に決定)
申込期間9月16日から9月22日まで
公募110,000株
売出し316,300株
OA63,900株
吸収金額7.3億円
時価総額22億円
想定価格1,490円→公開価格:1,570円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

デジタリフトIPOの事業内容

デジタリフトは、アジャイル広告運用サービス、CdMOサービス、LIFT+サービスという3つのサービスを顧客ニーズに合わせて柔軟に組み合わせることで、多種多様な顧客に対してトレーディングデスク事業を展開しています。

ちなみに、トレーディングデスク事業とはデジタル広告配信にまつわることを一手に引き受け、狙い通りに情報をお届けする業態や業種のことです。

デジタリフトのトレーディングデスク事業

(※画像クリックで拡大)

アジャイル広告運用サービスは、中~大規模クライアントに向けた、消費者変化の捕捉・対応に特化した新しいタイプの運用サービスになります。

CdMOサービスは、大企業を中心とする先進的な取り組みを求めるクライアントに対して提供する、包括的なマーケティング領域のコンサルティングサービスです。

LIFT+サービスは、小規模事業者やスタートアップ企業に向けた、高いROI(投資利益率)を実現する自動運用パッケージになっています。

デジタリフトの提供サービス

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 人材採用費用
  2. 当社サービスに係る付帯サービス強化費用
  3. 借入金返済資金

デジタリフトIPOの業績

デジタリフトの業績

(※画像クリックで拡大)

デジタリフトIPOの業績は順調に伸びていて好調そうですね。

デジタリフトのIPO評価

デジタリフトは、フリークアウト・ホールディングス(6094)の連結子会社なので親子上場になりますが、上場後は持ち分法適用会社となるので問題ないと思います。

また、デジタリフトはネット関連の小型(吸収金額7.3億円)なマザーズIPOなので、4社同時上場でもそれなりの人気を集めると思います。

よって、デジタリフトのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。デジタリフトIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

デジタリフトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

デジタリフトIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、SMBC日興証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

デジタリフトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング