ファブリカコミュニケーションズ(4193)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

ファブリカコミュニケーションズIPOは、値がさだけに大きな利益を得られる可能性もあります。しかし、IPOの地合いが悪化してきたので、過度な期待は禁物ですね。

ファブリカコミュニケーションズ

ファブリカコミュニケーションズIPOの過去記事

ファブリカコミュニケーションズIPOの新規上場を承認!東海東京証券が主幹事

ファブリカコミュニケーションズIPOのBBスタンスとIPO評価!値がさIPO

ファブリカコミュニケーションズIPOの初値予想!仮条件は強気

ファブリカコミュニケーションズIPOの配分数(割当数)

ファブリカコミュニケーションズIPOの配分数(割当数)は、主幹事の東海東京証券87%を占めていますが、それでも当選枚数は少ないので、かなりの競争率になりそうですね。

また、平幹事の中ではIPO後期抽選型で100%平等抽選の楽天証券なら微かにチャンスがありそうです。

ファブリカコミュニケーションズIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
東海東京証券(主幹事) 445,000株 87% 445枚 A
SBI証券 15,300株 3% 69枚 C
野村證券 12,800株 2.5% 13枚
楽天証券 10,200株 2% 102枚 B
SMBC日興証券 5,100株 1% 5枚
いちよし証券 5,100株 1% 5枚
岡三証券 5,100株 1% 5枚
エース証券 5,100株 1% -枚
マネックス証券 2,600株 0.5% 26枚
松井証券 2,600株 0.5% 26枚
水戸証券 2,600株 0.5% -枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 511,500株 100% 696枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファブリカコミュニケーションズIPOのBB(ブックビルディング)は、3月29日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング