Geolocation Technology(4018)IPOの仮条件が決まっています。

Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)は地方市場(福岡証券取引所Q-Board)への新規上場ですが、ネット関連の小型IPOということで注目されています。

また、Geolocation Technologyは前後のIPOと10日程度空いているため、スケジュールにも恵まれていますね。

Geolocation Technology

Geolocation Technology(4018)IPOの関連記事

Geolocation TechnologyのIPO新規上場を承認!エイチ・エス証券が主幹事

Geolocation TechnologyのIPO評価とBBスタンス!

Geolocation TechnologyのIPO仮条件

2,040円~2,240円

Geolocation TechnologyのIPO仮条件は、想定価格の2,030円を上回るレンジで設定されています。小型で当選枚数が少ないだけあって、仮条件も上振れしましたね。

ちなみに、Geolocation TechnologyのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は2.3億円から2.6億円にアップします。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

Geolocation TechnologyのIPO初値予想

4,000円 (想定価格比:+1,970円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,800円~3,300円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,200円~3,800円)

Geolocation Technologyは、地方市場(福岡証券取引所Q-Board)への新規上場なので、流動性にやや不安があります。

しかし、Geolocation Technologyは公募株のみ(売出株はOA分のみ)で規模(吸収金額2.6億円)も小さいため、それでも需給面で人気を集めそうです。

また、IPアドレスを活用したデータベース「SURFPOINT」による様々なサービスも独自性があるため、事業面でも関心を集めると思います。

よって、Geolocation Technologyは通常なら公開価格の2倍を上回る高い初値が付きそうなスペックですが、地方市場だけにやや割り引いて見る必要があるため、節目となる4,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Geolocation TechnologyのIPO幹事団

Geolocation TechnologyのIPO幹事団
主幹事証券 エイチ・エス証券
幹事証券 SBI証券
西日本シティTT証券
岡三証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

Geolocation Technology(4018)IPO主幹事のエイチ・エス証券は、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので助かりますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社