i-plug(4177)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。i-plugが運営している「OfferBox(オファーボックス)」は、先日テレビでも取り上げられていたので、注目度は高そうです。

i-plugは、かなり良い初値が期待できそうなので、是非とも当選したいIPOですね。

i-plug

i-plug(4177)IPOの過去記事

i-plugのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事

i-plugのIPO評価とBBスタンス!就活支援IPO

i-plugのIPO初値予想!仮条件は強気

i-plugのIPO配分数(割当数)

i-plugのIPO配分数(割当数)は、主幹事の大和証券約90%を占めています。

大和証券は、4月からチャンス当選の廃止と抽選配分比率のダウン(15%~25%→10%)を発表しているので、最後にチャンス当選したいところです。

また、i-plugは当選枚数が少ないので、平幹事での当選はかなり難しいですが、それでも100%平等抽選のマネックス証券をはじめ、なるべく多くの幹事証券に申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいですね。

i-plugのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 460,600株 90% 691枚 A
みずほ証券 25,500株 5% 26枚
SBI証券 5,100株 1% 23枚
岡三証券 5,100株 1% 5枚
いちよし証券 5,100株 1% 5枚
マネックス証券 5,100株 1% 51枚 B
松井証券 5,100株 1% 36枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 511,600株 100% 837枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

i-plug(4177)IPOのBB(ブックビルディング)は3月3日から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング