今はゴールデンウィーク中で株式市場も休みなので、2020年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5をリストアップしてみました。

今年は新型コロナウイルスの影響でIPOの地合いも非常に悪くなってしまったため、例年とはかなり異なった様相を呈していますね。

IPO騰落率ベスト5

2020年4月までのIPO初値騰落率ベスト5(5月4日時点)
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

7082
ジモティ
2月7日
大和証券
マザーズ
14.6億円
1,000円
2,300円
1,300円
130%
2位

9326
関通
3月19日
みずほ証券
マザーズ
4.8億円
490円
1,032円
542円
110.6%
3位

4493
サイバーセキュリティクラウド
3月26日
SBI証券
マザーズ
3.2億円
4,500円
9,210円
4,710円
104.7%
4位

7093
アディッシュ
3月26日
SBI証券
マザーズ
4.1億円
1,230円
2,101円
871円
70.8%
5位

7083
AHCグループ
2月25日
みずほ証券
マザーズ
14.2億円
2,200円
3,550円
1,350円
61.4%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

1位は、今年のIPO第一弾だったジモティです。この頃は、IPOの地合いも悪くなかったので、今年のIPO第一弾ということもあって良い初値が付いています。

ただ、昨年の同時期と比べると騰落率130%ではベスト5に入れていないので、今年のIPOがいかに不調かを物語っていますね。

また、マザーズの小型IPOが上位にランクインするというのは例年通りですが、地合いが悪いためやはり全般的に小粒な印象です。

新型コロナウイルスが収束に向かったとしても、経済的なダメージが大きいため、今年後半のIPOもどうなるか分かりませんが、せめて後半戦だけでも例年通りの盛り上がりを見せてほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社