2020年前半のIPOは、新型コロナウイルスの感染拡大によって地合いが急激に悪化したため、初値の公開価格割れや上場中止が相次ぐという前代未聞の状況になってしまいました。

ただ、新型コロナウイルスの収束にはまだ時間が掛かりそうなのに、地合いは意外と落ち着いてきた感じがします。

また、IPOもこのままというわけにはいかないので、ゴールデンウィーク明けには新規承認も出始めるのではと期待しています。

そこで、2020年前半に新規上場したIPOの初値と現在の株価をチェックしてみました。

IPO

2020年前半に新規上場したIPOの初値と現在の株価(4月29日現在)
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公開価格
初値価格
現在の株価 差異
7082
ジモティー
2月7日
大和証券
1,000円
2,300円
1780円 -520円
7081
コーユーレンティア
2月7日
いちよし証券
1,890円
2,510円
1,040円 -1,470円
9287
ジャパン・インフラファンド
投資法人
2月20日
みずほ証券
95,000円
101,000円
91,700円 -9,300円
7083
AHCグループ
2月25日
みずほ証券
2,200円
3,550円
1,765円 -1,785円
7085
カーブスホールディングス
3月2日
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
750円
670円
475円 -195円
7084
Kids Smile Holdings
3月4日
いちよし証券
2,260円
2,732円
1,899円 -833円
7086
きずなホールディングス
3月6日
野村證券
2,320円
2,220円
1,932円 -288円
7087
ウイルテック
3月6日
SMBC日興証券
1,200円
1,200円
781円 -419円
7088
フォーラムエンジニアリング
3月9日
野村證券
1,310円
1,030円
840円 -190円
4490
ビザスク
3月10日
みずほ証券
1,500円
1,310円
1,848円 538円
4491
コンピューターマネージメント
3月11日
SMBC日興証券
2,750円
4,360円
3,210円 -1,150円
7089
フォースタートアップス
3月13日
野村證券
1,770円
1,628円
1,554円 -74円
6231
木村工機
3月13日
みずほ証券
2,400円
2,050円
2,870円 820円
7090
リグア
3月13日
SMBC日興証券
1,950円
1,910円
1,361円 -549円
7687
ミクリード
3月16日
みずほ証券
890円
818円
1,025円 207円
7688
ミアヘルサ
3月17日
みずほ証券
2,330円
1,748円
1,519円 -229円
7091
リビングプラットフォーム
3月17日
野村證券
3,900円
3,550円
3,820円 270円
5070
ドラフト
3月17日
SMBC日興証券
1,580円
1,221円
1,162円 -59円
4492
ゼネテック
3月19日
みずほ証券
1,700円
1,620円
1,715円 95円
5368
日本インシュレーション
3月19日
大和証券
940円
869円
755円 -114円
9326
関通
3月19日
みずほ証券
490円
1,032円
3,135円 2,103円
5690
リバーホールディングス
3月24日
野村證券
960円
720円
688円 -32円
5071
ヴィス
3月25日
大和証券
820円
754円
655円 -99円
7093
アディッシュ
3月26日
SBI証券
1,230円
2,101円
2,235円 134円
4493
サイバーセキュリティクラウド
3月26日
SBI証券
4,500円
9,210円
24,070円 14,860円
1444
ニッソウ
3月30日
岡三証券
3,750円
2,800円
2,820円 20円
7094
NexTone
3月30日
SMBC日興証券
1,700円
1,660円
5,390円 3,730円
7095
Macbee Planet
3月31日
SBI証券
1,830円
2,348円
2,230円 -118円
7317
松屋アールアンドディ
4月6日
野村證券
910円
838円
2,504円 1,666円

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

3月の初旬までは地合いがそこまで悪くなかったため、それなりの初値が付いていたこともあって、現状価格が初値を下回っている銘柄が目立ちます。

しかし、3月中旬からは地合いが急激に悪化したために、初値の公開価格割れが続出したこともあって、反対に現在価格が初値を上回っている銘柄が多くなっているようです。

特に、サイバーセキュリティクラウドは当初に期待されたほどの初値は付きませんでしたが、それから10バーガー(公募価格4,500円⇒45,050円)を達成し、その後に急落するも高い株価を維持しています。

また、個人的に期待していたNexToneも初値こそ公開価格を割れてしまいましたが、その後着実に値を上げています。

5月はIPOの新規上場が無さそうなので、引き続き上記の銘柄に見直し買いが入る可能性もありそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社