ジェイフロンティア(2934)IPOの仮条件が発表されました。ジェイフロンティアIPOは、個人投資家に人気のSBI証券が主幹事の値がさIPOとして関心を集めています。

また、ジェイフロンティアは8月最後のIPOなので、注目度も高まりそうですね。

ジェイフロンティア

ジェイフロンティアIPOの関連記事

ジェイフロンティアIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

SBIネオトレード証券がジェイフロンティアIPOの委託幹事入り!

ジェイフロンティアIPOのBBスタンスとIPO評価!ヘルスケアIPO

ジェイフロンティアIPOの仮条件

3,950円~4,190円

ジェイフロンティアIPOの仮条件は、想定価格の4,120円を挟んで下方にやや広いレンジになっています。

ちなみに、ジェイフロンティアIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は36.3億円から36.9億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ジェイフロンティアIPO主幹事のSBI証券

ジェイフロンティアIPOの初値予想

6,000円 (想定価格比:+1,880円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:6,000円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,000円~6,000円)

↓(上場直前の初値予想)

4,400円 (公開価格比:+210円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:4,500円)

ジェイフロンティアIPOは値がさで規模(吸収金額36.9億円)もやや大きいため、地合いに左右されそうです。

ただ、ジェイフロンティアは8月最後のIPOでVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、今のところはそれでもこなせそうです。

また、健康食品の通販事業は新鮮味に欠けますが、オンライン診療から処方箋医薬品の宅配までをワンストップで提供する医療プラットフォームサービス「SOKUYAKU」はこれから需要が高まりそうなので、事業面で関心を集めると思います。

よって、ジェイフロンティアIPOは公開価格の約1.4倍に当たる6,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジェイフロンティアIPOの幹事団

ジェイフロンティアIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券
東海東京証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
水戸証券
SBIネオモバイル証券
楽天証券
SBIネオトレード証券

ジェイフロンティアIPOの幹事団には、主幹事のSBI証券をはじめ、数多くの証券会社が顔を揃えているので、幅広く申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社