ココペリ(4167)IPOの仮条件が決まっています。ココペリIPOは、中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するサービスを展開していることで注目されています。

ただ、ココペリIPOは前日に新規上場するビートレンドIPOかっこIPOが初日値付かずになると、インバウンドテックIPOを含む3社もしくは4社同時上場になってしまうため、他の銘柄の動向に影響を受けそうですね。

ココペリ

ココペリIPOの関連記事

ココペリIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

ココペリIPOのBBスタンスとIPO評価!SaaS型の経営支援IPO

ココペリIPOの仮条件

1,400円~1,600円

ココペリIPOの仮条件は、想定価格の1,300円を上回るレンジで設定されています。ココペリIPOは当初から注目されていたので、仮条件の上振れも許容範囲内です。

ちなみに、ココペリIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は16.2億円から19.9億円にアップします。


マネックス証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

ココペリIPOの初値予想

3,200円 (想定価格比:+1,900円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,500円)

ココペリIPOは、それなりの規模(吸収金額19.9億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約100万株)も多く、インバウンドテックIPOだけでなくビートレンドIPOかっこIPOとの同時上場になる可能性もあるため、需給面には不安があります。

しかし、中小企業向けの経営支援プラットフォーム事業は今が旬のDX(デジタルトランスフォーメーション)やSaaSなどのテーマ性があり、業績も成長性がうかがえることから、事業面で人気を集めると思います。

よって、ココペリIPOは公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ココペリIPOの幹事団

ココペリIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SBI証券
丸三証券
マネックス証券
松井証券

ココペリIPOの幹事団は、全てネットから申し込める証券会社で構成されているだけでなく、抽選配分比率が高めの証券会社が多いので、どの幹事証券もそれなりに期待できそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社