PHCホールディングス(6523)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

PHCホールディングスIPOは、仮条件が下振れしただけでなく、公募株数も大幅に削減していることからも、状況の厳しさが伺えます。

PHCホールディングスIPOは大型なので、比較的当選しやすいと思いますが、リスクも高いため、慎重に判断する必要があると思います。

PHCホールディングス

PHCホールディングスIPOの過去記事

PHCホールディングスIPOの新規上場を承認!日興と三菱が共同主幹事

PHCホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!ヘルスケアIPO

PHCホールディングスIPOの初値予想!仮条件は下振れ

PHCホールディングスIPOの配分数(割当数)

PHCホールディングスIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSMBC日興証券と共同主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が合わせて約63%を占めていて、当選枚数も多いため、当選の可能性はかなり高そうです。

また、平幹事の野村證券みずほ証券楽天証券なども十分に当選を狙えそうです。ただし、PHCホールディングスIPOは初値が公開価格を割れる可能性もあることを頭に入れておく必要がありますね。

PHCホールディングスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SMBC日興証券 (主幹事) 3,347,700株 33.7% 3,348枚 A
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
(主幹事)
2,881,800株 29% 2,882枚 A
野村證券 1,919,200株 19.3% 1,919枚 B
みずほ証券 1,260,800株 12.7% 1,261枚 B
BofA証券 99,400株 1% -枚
ゴールドマン・サックス証券 99,400株 1% -枚
JPモルガン証券 99,400株 1% -枚
SBI証券 92,500株 0.93% 416枚 C
楽天証券 92,500株 0.93% 925枚 C
マネックス証券 46,600株 0.47% 466枚 C
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
合計 9,939,300株 100% 11,217枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

PHCホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、10月5日に締め切られるので、これから申し込まれる方は、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング