BlueMeme(4069)IPOの仮条件が決まっています。BlueMeme(ブルーミーム)IPOは、人気化しやすいDX(デジタルトランスフォーメーション)関連銘柄として注目されているようです。

ただ、BlueMemeはIPOラッシュ終盤での4社同時上場というのが懸念材料ですね。

BlueMeme

BlueMeme(4069)IPOの関連記事

BlueMemeのIPO新規上場を承認!東海東京証券が主幹事

BlueMemeのIPO評価とBBスタンス!ローコードIPO

BlueMemeのIPO仮条件

2,400円~2,820円

BlueMemeのIPO仮条件は、想定価格の2,510円を挟んで上方に広いレンジで設定されています。BlueMemeは新規承認時から話題になっていただけあって、強気の仮条件になっていますね。

ちなみに、BlueMemeのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は24.7億円から27.8億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

BlueMemeのIPO初値予想

4,200円→3,700円 (公開価格比:+880円)

(※大手予想会社の初値予想:4,000円~4,500円)

BlueMemeは、オムニ・プラス・システム・リミテッドリヴァンプWaqooとの4社同時上場で、規模(吸収金額27.8億円)もそれなりにあるため、資金分散や買い疲れの影響が気掛かりです。

また、BlueMemeはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が約85万株あるのも気になります。

しかし、ヤプリ(4168)を彷彿させるローコードによるプラットフォーム事業は注目度が高く、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、BlueMeme(4069)IPOはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BlueMemeのIPO幹事団

BlueMemeのIPO幹事団
主幹事証券 東海東京証券
幹事証券 野村證券
大和証券
みずほ証券
SBI証券
東洋証券
水戸証券

BlueMemeのIPO幹事団はわりとコンパクトなので、主幹事の東海東京証券を中心に、ネットから申し込める全ての証券会社に申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社