Recovery International(9214)IPOの仮条件が発表されました。

Recovery International(リカバリーインターナショナル)IPOは高齢化社会に必要不可欠な訪問看護サービスを展開していることで関心を集めています。

また、Recovery Internationalは今年(2022年)最初のIPOなので注目度も高そうですね。

Recovery International

Recovery International(9214)IPOの関連記事

Recovery InternationalのIPO新規上場を承認!岡三証券が主幹事

Recovery InternationalのIPO評価とBBスタンス!訪問看護IPO

Recovery InternationalのIPO仮条件

2,480円~3,060円

Recovery InternationalのIPO仮条件は、想定価格の3,060円を上限に下方へ大きく拡げて設定されています。

ちなみに、Recovery InternationalのIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は19.3億円になります。

Recovery InternationalのIPO初値予想

4,000円 (想定価格比:+940円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)

Recovery Internationalは何と言っても今年のIPO第一弾なので、かなり注目されると思います。

また、訪問看護サービスは地味めではありますが、今後の超高齢化社会においてさらなる需要が見込め、介護というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、Recovery Internationalはほぼ売出株なのでイグジット案件として警戒される可能性はありますが、それでも公開価格の約1.3倍に当たる4,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Recovery InternationalのIPO幹事団

Recovery InternationalのIPO幹事団
主幹事証券 岡三証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
エイチ・エス証券
静銀ティーエム証券
松井証券
丸三証券
むさし証券
岡三オンライン

Recovery InternationalのIPOで当選を狙うなら、主幹事の岡三証券はもちろんのこと、前受金不要(事前入金不要)で申し込める松井証券や、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券なども申込み必須ですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社