「ヴィッツ」タグの記事一覧

ヴィッツの2021年初の立会外分売情報と参加スタンス!

立会外分売
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)の2021年初の立会外分売が発表されています。ヴィッツは、組込みソフトウェアの研究・設計・開発や、リアルタイムオペレーティングシステムの研究開発などを行っている企業です。

ヴィッツの今年二度目となる立会外分売情報と参加スタンス!

立会外分売
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)の立会外分売が発表されています。また、ヴィッツは立会外分売の発表に合わせて、2020年7月31日付での東京証券取引所マザーズから東京証券取引所市場第一部への市場変更も発表しています。

ヴィッツIPO上場二日目の初値予想!即金規制入り!

IPO初値予想
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOは、本日(4月8日)東証マザーズ市場へ新規上場しましたが、初日値付かずで取引きを終えています。個人的には、もう少し強い気配になると予想していましたが、そこまでの強さは感じられませんでした。

ヴィッツIPO上場直前の初値予想!初日値付かず!?

IPO初値予想
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOが、明日(4月8日)東証マザーズ市場へ新規上場します。ヴィッツは、IPOで人気になりやすい組込みソフトウェア事業を展開していることで期待度が高まっているようです。また、ヴィッツIPOが新規上場した後は、約2週間のIPO空白期間に突入するので、資金も集まりやすそうですね。

ヴィッツIPOの抽選結果!公開価格は2,650円に決定!

IPO抽選結果
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOの抽選結果が発表されました。また、ヴィッツIPOの公開価格は、仮条件(2,260円~2,650円)の上限に当たる2,650円で決まっています。そして、私のヴィッツIPOの抽選結果は以下の通りでした。

ヴィッツIPOの配分数!主幹事の東海東京証券が89%占める!

IPO情報
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ヴィッツIPOは、自動運転やIoT関連の組込みソフトウェアを開発していることで注目されているようです。また、ヴィッツは4月に新規上場するIPOの中でも前評判が高いので、もし当選できたら万々歳ですね。

ヴィッツIPOのBBスタンスとIPO評価!組込ソフトウェア関連IPO!

IPO情報
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の3月20日から開始されます。ヴィッツは、主に自動運転向けの組込みソフトウェアなどを開発していることで関心を集めているようです。4月は、今のところヴィッツ以降のIPOが新規承認されていないので、注目度も高まりそうですね。

ヴィッツIPOの新規上場を承認!主幹事はまたも東海東京証券!

IPO新規上場承認
ヴィッツ

ヴィッツ(4440)IPOの新規上場が承認されました。ヴィッツIPOは、4月8日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。また、ヴィッツIPOの主幹事は東海東京証券が務めることになっています。4月のIPOは、東海東京証券が連続で主幹事を務めるという珍しいパターンでスタートすることになりそうです。

ページの先頭へ