アップコン(5075)IPOの仮条件が決まっています。アップコンIPOは地方市場(名証ネクスト)への新規上場なので、あまり注目されていないようです。

また、アップコンはIPOラッシュ終盤でのダイワ通信アルファパーチェスとの3社同時上場になるので、他の銘柄の陰に隠れてしまいそうですね。

アップコン

アップコンIPOの関連記事

アップコンIPOの新規上場を承認!Jトラストグローバル証券が主幹事

アップコンIPOのBBスタンスとIPO評価!土木工事関連IPO

アップコンIPOの仮条件

1,160円~1,280円

アップコンIPOの仮条件は、想定価格の1,280円を上限に下方へ拡げたレンジになっています。

また、アップコンIPOは仮条件の発表に合わせて、売出株を117,000株→100,000株、OA株を32,000株→30,000株へと削減しています。

ちなみに、アップコンIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は3.2億円から2.9億円にダウンします。


楽天証券のIPOは100%平等抽選

アップコンIPOの初値予想

1,178円 (想定価格比:-102円)

(※大手予想会社の初値予想:1,380円~1,500円)

アップコンIPOはTOKYO PRO Marketから名古屋証券取引所ネクスト市場への鞍替え上場ですが、地方市場(名証ネクスト)の建設業セクターなので、地味な印象は否めません。

また、アップコンはIPOラッシュ終盤での3社同時上場でもあるので、他の銘柄の中に埋もれてしまいそうな雰囲気です。

よって、アップコンIPOの初値は公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アップコンIPOの幹事団

アップコンIPOの幹事団
主幹事証券 Jトラストグローバル証券
幹事証券 岡三証券
SBI証券
東海東京証券
楽天証券
マネックス証券
水戸証券
岡三オンライン

アップコンIPOの幹事団は地方市場(名証ネクスト)への新規上場ということもあってか、ややマイナーな顔ぶれになっていますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社