ワンダープラネット(4199)IPOの仮条件が決まっています。ワンダープラネットIPOは、6月に新規上場するIPOの中でも規模が小さいため、需給面で注目されています。

また、ワンダープラネットIPOはテンダIPOとの同時上場になりますが、前後のIPOと程よく間隔が空いているので、日程にも恵まれていますね。

ワンダープラネット

ワンダープラネットIPOの関連記事

ワンダープラネットIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

ワンダープラネットIPOのBBスタンスとIPO評価!ゲーム関連IPO

ワンダープラネットIPOの仮条件

2,410円~2,560円

ワンダープラネットIPOの仮条件は、想定価格の2,410円を下限に上方へ拡げて設定されています。

ワンダープラネットIPOは、当初から需給面で注目されていたので、強気の仮条件も想定内です。

ちなみに、ワンダープラネットIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は5.2億円から5.6億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。


マネックス証券のIPOルール

ワンダープラネットIPOの初値予想

6,000円 (想定価格比:+3,590円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,000円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,000円~6,000円)

ワンダープラネットIPOはテンダIPOとの同時上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約96万株)も気になります。

しかし、ワンダープラネットIPOは規模(吸収金額5.6億円)が小さいので、それでも需給面でかなりの人気を集めると思います。

また、スマホ向けゲームアプリを中心としたエンターテインメントサービス事業も安定した人気があるため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、ワンダープラネットIPOは公開価格の約2.3倍に当たる6,000円を目途に初値形成すると予想しています。

上場初日の気配上限価格を目途に初値が付くと予想していますが、初日値付かずの可能性もありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ワンダープラネットIPOの幹事団

ワンダープラネットIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SBI証券
野村證券
マネックス証券
楽天証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券

ワンダープラネットIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社で構成されているので、全てに申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社