ワンダープラネット(4199)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

ワンダープラネットIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが懸念されていましたが、マザーズの小型IPOなので、それでも次第に評価が高まっているようです。

ワンダープラネットIPOは、今のところかなり良い初値が付きそうなので、是非とも当選したいですね。

ワンダープラネット

ワンダープラネットIPOの過去記事

ワンダープラネットIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事

ワンダープラネットIPOのBBスタンスとIPO評価!ゲーム関連IPO

ワンダープラネットIPOの初値予想!仮条件は強気

ワンダープラネットIPOの配分数(割当数)

ワンダープラネットIPOの配分数(割当数)は、主幹事の大和証券約90%を占めていますが、それでも当選枚数はかなり少ないので激戦必至ですね。

平幹事での当選はかなり難しい状況ですが、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券や、100%平等抽選のマネックス証券楽天証券は、なるべく押さえておきたいところです。

ワンダープラネットIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 170,800株 90% 171枚 A
SBI証券 9,400株 5% 42枚 B
野村證券 3,700株 2% 4枚
マネックス証券 1,800株 1% 18枚
楽天証券 1,800株 1% 18枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 900株 0.5% 1枚
東海東京証券 900株 0.5% 1枚
合計 189,300株 100% 255枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ワンダープラネットIPOのBB(ブックビルディング)は、5月25日からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずにに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング