サイフューズ(4892)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

サイフューズIPOは仮条件が当初に発表されていた想定仮条件よりも弱めの設定になったため、ますます悩ましい状況になっています。

サイフューズIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うこともできますが、ポイントに見合う利益を得るのは難しそうですね。

サイフューズ

サイフューズIPOの過去記事

サイフューズIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券

サイフューズIPOのBBスタンスとIPO評価!再生医療IPO

サイフューズIPOの初値予想!仮条件は弱気

サイフューズIPOの配分数(割当数)

サイフューズIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSBI証券85%を占めていて、当選枚数も多いので、かなり期待できると思います。

また、平幹事の岡三証券楽天証券も当選枚数がそれなりにあるので、当選を狙うなら申込み必須ですね。

サイフューズIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SBI証券 (主幹事) 1,300,3000株 85% 5,851枚 A
岡三証券 168,200株 11% 168枚 B
SMBC日興証券 15,200株 1% 15枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 15,200株 1% 15枚
楽天証券 15,200株 1% 152枚 B
アイザワ証券 3,800株 0.25% -枚
東洋証券 3,800株 0.25% -枚
松井証券 3,800株 0.25% 38枚
水戸証券 3,800株 0.25% -枚
SBIネオトレード証券 ?株 ?% ?枚
岡三オンライン ?株 ?% ?枚
auカブコム証券 ?株 ?% ?枚
合計 1,529,300株 100% 6,239枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイフューズのIPOチャレンジポイント当選ラインと当選配分数予測

サイフューズIPOのSBI証券での抽選配分数は、あくまで個人的な予測ですが5,851枚程度だと予測しています。

そして、サイフューズのIPOチャレンジポイント当選配分数は、今年になってから複数配分されていないため、今回も100株配分が濃厚だと思います。

また、サイフューズのIPOチャレンジポイント当選ラインは、ポイントを使われる方が少なさそうなので、判然としない可能性が高そうです。

ただ、少しでもポイントを使えば、当選確率はアップしそうですね。

SBI証券のIPOチャレンジポイント実績データ

SBI証券のIPOチャレンジポイント実績データ

(※画像クリックで拡大)

※上記データは、あくまでも個人的に調べた予測値です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

サイフューズIPOのBB(ブックビルディング)は11月15日からスタートしているので、上記のデータなどを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社