フロンティア(4250)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。フロンティアIPOは地方市場(福岡証券取引所Q-Board)への新規上場ながらも、規模の小ささで関心を集めているようです。

フロンティアIPOは超小型だけに当選枚数も極めて少ないので、ゲットするのは至難の業ですね。

フロンティア

フロンティアIPOの過去記事

フロンティアIPOの新規上場を承認!エイチ・エス証券が主幹事

フロンティアIPOのBBスタンスとIPO評価!自動車部品IPO

フロンティアIPOの初値予想!仮条件はノーマル

フロンティアIPOの配分数(割当数)

フロンティアIPOの配分数(割当数)は、主幹事のエイチ・エス証券80%を占めていますが、それでも当選枚数は極少です。

また、平幹事での当選はほぼ無理といった感じです。ただし、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、なるべく申し込んだほうが良いと思います。

フロンティアIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
エイチ・エス証券 (主幹事) 80,000株 80% 80枚 A
SBI証券 6,000株 6% 27枚 B
岡三証券 4,000株 4% 4枚
藍澤證券 3,000株 3% -枚
西日本シティTT証券 3,000株 3% -枚
ひろぎん証券 2,000株 2% -枚
マネックス証券 1,000株 1% 10枚
FFG証券 1,000株 1% -枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 100,000株 100% 121枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBI証券[旧イー・トレード証券]

フロンティアIPOのBB(ブックビルディング)は、10月13日からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング