IPOは4月で一段落し、今のところその後のIPOもメイホーホールディングスしか新規承認されていません。そこで、2021年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5をリストアップしてみました。

昨年の前半は、IPOも新型コロナウィルスの影響が大きくて波乱含みの展開でした。しかし、今年は今のところ順調で、初値の高騰ぶりがうかがえますね。

IPO初値騰落率ベスト5

2021年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5(5月2日時点)
順位 銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
市場
規模
公募価格
初値価格
利益
騰落率
1位

4174
アピリッツ
2月25日
みずほ証券
ジャスダック
3.3億円
1,180円
5,600円
4,420円
374.6%
2位

4173
WACUL
2月19日
みずほ証券
マザーズ
8.4億円
1,050円
4,645円
3,595円
342.4%
3位

4498
サイバートラスト
4月15日
みずほ証券
マザーズ
10.5億円
1,660円
6,900円
5,240円
315.7%
4位

6614
シキノハイテック
3月24日
みずほ証券
ジャスダック
5.5億円
390円
1,221円
831円
213.1%
5位

6613
QDレーザ
2月5日
SMBC日興証券
SBI証券
マザーズ
53億円
340円
797円
457円
134.4%

騰落率={(初値価格-公募価格)÷公募価格}×100

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

みずほ証券が主幹事を務めたIPOが1位から4位までを占めていて好調さを物語っています。今年後半もみずほ証券が主幹事をIPOは期待度が高まりそうです。

また、小型IPOが上位を占めているのは例年通りですが、ジャスダックのIPOが2銘柄もランクインしていて、しかも1位というのは珍しいと思います。

今年後半も数多くのIPOが新規上場すると思うので、年末に騰落率ベスト5がどのように変わっているか楽しみですね。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング